grape

お知らせ/プレスリリース

2017年12月20日

ウェブメディア『grape』、一般公募によるエッセイのコンテスト『grapeアワード』が年末ラジオ特番で放送決定

株式会社グレイプ(本社:横浜市/代表取締役:中島 恒雄/フジ・メディア・ホールディングス ニッポン放送グループ)のメディア『grape(グレイプ)』が実施した一般公募によるエッセイのコンテスト『grapeアワード(https://grapee.co.jp/grape_award.html)』の特別番組が、2017年12月30日(土)、ニッポン放送のラジオ番組で放送される。

特別番組は『grapeアワード』に応募された246本のエッセイ作品の中から、優秀賞(最優秀賞を含む)を獲得した6~7本のエッセイを、作品のイメージに合った楽曲とともにオンエアしていくという内容で、喜怒哀楽、心に響くコンテンツを届ける『grape』らしい心温まるストーリーが展開される。 また本放送で朗読されたエッセイは『grape』の記事としても掲載される。

【番組概要】
・番組タイトル:「ニッポン放送イヤーエンドスペシャル grapeアワード~心に響くエッセイ2017~」
・放送時間:2017年12月30日(土曜日)15時30分から16時30分

【番組パーソナリティ】
・新行 市佳(しんぎょう いちか)【ニッポン放送アナウンサー】
生年月日:1992年11月9日/出身地:東京生まれ 秋田育ち/最終学歴:日本女子大学 人間社会学部 現代社会学科/主な担当番組:垣花正 あなたとハッピー!中継コーナー「外はおまかせ!」、ミュージック・パーティ、鈴木亮平 Going up、あなたにハッピーメロディ

【番組内容】
喜怒哀楽、心に響くコンテンツを届けるメディア『grape』が実施した、エッセイのコンテスト『grapeアワード』で受賞した優秀作品6~7本のエッセイを、作品のイメージに合った楽曲とともにオンエア。忙しい年末にホッとするひと時をお届けする。

【grapeアワード受賞作品】※優秀賞はエントリー番号順で表記

最優秀賞
作品名:「ちょっこし」
作 者:藤本 有希那(ふじもと ゆきな)/ペンネーム:とまと

優秀賞
作品名:「夫婦」
作 者:有福 智和(ありふく ちわ)/ペンネーム:アポロン

優秀賞
作品名:「心に響くものは……」
作 者:三船 洋子(みふね ようこ)/ペンネーム:水多(みずた)

優秀賞
作品名:「カレーうどんを、お願いします」
作 者:足立 麻衣子(あだち まいこ)/ペンネーム:あだち まいこ

優秀賞
作品名:「あの日、ひときわ高い夏空の下で」
作 者:矢野 耕太(やの こうた)/ペンネーム:心に灯をともすおいどん

優秀賞
作品名:「京都まで」
作 者:大西 昭彦(おおにし あきひこ)/ペンネーム:佐々 林(ささ りん)

優秀賞
作品名:「2017年の春のこと」
作 者:東 香織 (ひがし かおり)/ペンネーム:南 栞(みなみ しおり)

【grapeアワード審査員】

吉元 由美(よしもと ゆみ)【作詞家、エッセイスト】
杏里、田原俊彦、松田聖子、中山美穂、山本達彦、石丸幹二、加山雄三など多くのアーティストの作品を手掛け、平原綾香の『Jupiter』はミリオンヒットとなる。エッセイストとしても活動し、著書に『こころ歳時記』(ディスカバー21)『大人の結婚』(水王舎)など多数。『grape(グレイプ)』では連載記事を執筆している。

山本 渉(やまもと わたる)【株式会社電通 クリエーティブディレクター】
日本人として初めてとなるカンヌ広告祭ラジオ部門グランプリや、ACC(全日本シーエム放送連盟)賞ベストCMプランナーなど、国内外の数々の広告賞を受賞。セイコー、セゾンなど企業のブランディング動画も制作し、『grape(グレイプ)』でも取り上げている。

宮崎 裕子(みやざき ゆうこ)【株式会社ニッポン放送 編成局編成部 主任】
入社後、報道部に配属し、国会担当記者として小泉・安倍・福田政権を取材。北朝鮮拉致問題を取り上げた報道番組で放送文化基金賞本賞、日本民間放送連盟賞優秀賞を受賞。その後、警視庁・司法担当、ニュース解説、ニュースデスクを歴任し、第一線の報道にかかわる。2017年より編成部に配属。3人の家族を持ち、6歳の娘の母でもある。

井川 綾(いかわ あや)【株式会社グレイプ grape編集長】
ニッポン放送グループ、株式会社グレイプが運営するウェブメディア『grape(グレイプ)』の編集長。ウェブデザイナーとして多数のウェブサイト制作を手掛け、その後ウェブライター・編集者として『grape(グレイプ)』の立ち上げにかかわる。以来、メディアコンセプトである『心に響く』をテーマにした記事を世に配信し続けている。